豊胸術
ワンデー豊胸術
モティバ豊胸術
ママ(MAMA)豊胸術
乳頭整形
顔面輪郭
UVエラ整形
ポイント顎先整形
スリム頬骨形成
スピードプロテーゼ輪郭整形
目整形
二重手術
目つき矯正
切開整形
目の下のクマ
若戻り目整形
目の再手術
鼻整形
スリムライン鼻整形
ソフト鼻整形
自我組織鼻整形
鼻尖形成
タイプ別鼻整形
小鼻縮小
鼻再手術
体型
大容量脂肪吸引
ミニ脂肪吸引
ママ腹部整形
アンチエイジング
PRP脂肪移植
セルバイセル脂肪移植
非切開リフト
切開リフト
男整形
一重目整形
アイドル鼻整形
アイドル輪郭整形
女性化乳房
プチ/皮膚
ヒアルロン酸
BTX
スカルトラ
水光注射
輪郭注射
シュリンクリフト
ホワイトニングプログラム
毛穴/傷跡プログラム
メニューを閉じる

menu

QUICK
LINE LINE
구글블럭 Ameblo
인스타그램 INSTAGRAM
유튜브 YouTube
페이스북 FACEBOOK
오시는길 アクセス
  • 連絡先

    +82-70-5202-8804

  • 運営時間

    10:00~19:00

OPEN: QUICK MENU CLOSE: QUICK MENU

安全ケア

  • NANAがお教えする
    輪郭手術後の注意事項

    より良い手術結果の為に
    下記の注意事項を必ずお守りください。

    • 洗顔及びシャワー
      抜糸前まで患部を除く部位は、濡れたタオル等で拭き取って下さい。
      ギプスとテープを除去する前までは、
      患部を除外した部分を塗れたタオル等で拭き取って下さい。
      歯磨きは手術の翌日から可能です。
      歯磨きは手術の翌日から小さい歯ブラシを使用して行ってください。
      また、口腔内切開手術後に処方箋されたうがい薬、
      ヘキサミジン3:水7の比率でうがいをしてください。
      食事後に毎回うがいをしていただき、
      薬3〜4時間間隔で強すぎないようにうがいをしてください。
      洗顔及びシャワー・化粧
      抜糸前まで患部を除く部位は、濡れたタオル等で拭き取って下さい。
      ギプスとテープを除去する前までは、
      患部を除外した部分を塗れたタオル等で拭き取って下さい。
      歯磨きは手術の翌日から可能です。
      歯磨きは手術の翌日から小さい歯ブラシを使用して行ってください。
      また、口腔内切開手術後に処方箋されたうがい薬、
      ヘキサメジン3:水7の比率でうがいをしてください。
      食事後に毎回うがいをしていただき、
      薬3〜4時間間隔で強すぎないようにうがいをしてください。
    • 経過
      患部を刺激したり大きな衝撃時に出血や血種が生じる場合がございます。
      患部を刺激したり大きな衝撃を受けると出血や血種が生じる場合がございます。
      顔に圧力がかかる行為はお控えください。
      (嘔吐や排便時、身体に力がかかる行動、くしゃみ、咳、頭を傾ける)
      頬や唇、歯の感覚低下が
      ある場合がございます。
      頬や唇、歯の感覚低下がある場合がございます。
      ですが、短くて1〜2ヶ月、長くて1年かけて
      徐々に好転していく為ご安心ください。
      経過
      患部を刺激したり大きな衝撃時に出血や血種が生じる場合がございます。
      患部を刺激したり大きな衝撃を受けると出血や血種が生じる場合がございます。
      顔に圧力がかかる行為はお控えください。
      (嘔吐や排便時、身体に力がかかる行動、くしゃみ、咳、頭を傾ける)
      頬や唇、歯の感覚低下が
      ある場合がございます。
      頬や唇、歯の感覚低下がある場合がございます。
      ですが、短くて1〜2ヶ月、長くて1年かけて
      徐々に好転していく為ご安心ください。
    • 腫れ管理
      術後に腫れや痣が下の方に引きながら首の下まで下がっていく場合がございます。
      腫れが残っている状態が非対称に見えてしまいますが、腫れが完全に引くと対象的に戻りますのでご安心ください。
      術後温/冷パックを
      適切な時期を守って使用してください。
      術後のお顔が腫れる3日までは患部をパックで冷やしてください。
      出血予防及び腫れが生じることを減少させる効果がございます。
      術後4日後からは効果的な腫れ及び痣管理の為に患部を温めてください。
      お顔の感覚が鈍った状態の為、温める際は火傷にご注意ください。
      腫れ管理
      術後に腫れや痣が下の方に引きながら首の下まで下がっていく場合がございます。
      腫れが残っている状態が非対称に見えてしまいますが、腫れが完全に引くと対象的に戻りますのでご安心ください。
      術後温/冷パックを
      適切な時期を守って使用してください。
      術後のお顔が腫れる3日までは患部をパックで冷やしてください。
      出血予防及び腫れが生じることを減少させる効果がございます。
      術後4日後からは効果的な腫れ及び痣管理の為に患部を温めてください。
      お顔の感覚が鈍った状態の為、温める際は火傷にご注意ください。
    • 食事
      《手術翌日〜術後1週》
      手術翌日から1週間はお粥類を召し上がっていただき、ストローは使用しないでください。
      《術後1週〜4週(頬骨手術時は6週)》
      術後1週〜4週までは柔らかいものを召し上がって下さい。固いものや弾力のあるものはお控えください。
      ※ 禁止例 : 肉(細かく調理されたお肉は除外), たくあん, キムチ、 イカ、 ジャーキー、餅、ガム、飴、ナッツ類 など
      食事
      《手術翌日〜術後1週》
      手術翌日から1週間はお粥類を召し上がっていただき、
      ストローは使用しないでください。
      《術後1週〜4週(頬骨手術時は6週)》
      術後1週〜4週までは柔らかいものを召し上がって下さい。
      固いものや弾力のあるものはお控えください。
      ※ 禁止例 : 肉(細かく調理されたお肉は除外), たくあん, キムチ、 イカ、 ジャーキー、餅、ガム、飴、ナッツ類 など
    • フェイスバンド着用法
      術後3日間は着用してください。
      術後3日間は着用し、バンドを過度にきつく着用したり、24時間継続して着用しなくても問題ございません。
      術後4日〜1週までは着用は必要ございません。
      術後1週〜1ヶ月までは間欠的にバンドを使用してください。
      術後1週〜4週間は間欠的にバンドを着用することが皮膚の収縮に効果的なもののひとつ(特に顎先の手術をされた場合)で必須的なものではございません。
      フェイスバンド着用法
      術後3日間は着用してください。
      術後3日間は着用し、バンドを過度にきつく着用したり、
      24時間継続して着用しなくても問題ございません。
      術後4日〜1週までは着用は必要ございません。
      術後1週〜1ヶ月までは間欠的にバンドを使用してください。
      術後1週〜4週間は間欠的にバンドを着用することが皮膚の収縮に効果的なもののひとつ(特に顎先の手術をされた場合)で必須的なものではございません。
    • 頬骨手術時の追加事項
      頬骨手術をなさった場合、下記の注意事項を必ず守って下さい。
      鼻をかむ、口を大きく開く(指3本分以上)は
      6週間はお控えください。
      ですが自然な程度で口を開くことは
      顎の関節の癒着防止につながる為維持してください。
      また、こめかみ切開部位のドレッシングが湿ったら
      他のバンドに交換してください。
      頬骨手術時の追加事項
      頬骨手術をなさった場合、下記の注意事項を必ず守って下さい。
      鼻をかむ、口を大きく開く(指3本分以上)は
      6週間はお控えください。
      ですが自然な程度で口を開くことは
      顎の関節の癒着防止につながる為維持してください。
      また、こめかみ切開部位のドレッシングが湿ったら
      他のバンドに交換してください。

    / 6